仕事のストレスで疲れが取れない・・・・

眠いサラリーマン

 

私は、42歳の自動車関連の製造業の会社に勤めているサラリーマンです。

 

 

係長になって3年、課長との折り合いがあまり良くなくて、ストレスがたまっていました。

 

 

会社からの帰りも遅くて、妻と娘がいるのですが、あまり一緒に食事もできませんでした。

 

 

そんな状態で1年ほど過ごしていると、だんだんと寝付きが悪くなってきました。

 

 

「これって、うつの初期症状??」

 

 

知り合いに、うつ病の人がいたので、よく話を聞いていました。最初は睡眠障害からくるみたいですね。

 

 

「これはちょっとまずいな。疲れも全然取れてないし限界かもしれない・・・」

 

 

私は心療内科を訪れました。そこではあっさり「うつの初期症状」ということで、睡眠薬と抗うつ剤をもらいました。

 

 

ニトラゼパムとパキシルという薬ですね。

 

 

薬

 

 

ニトラゼパムは睡眠薬で、飲んでみるとストンと眠りに落ちます。

 

 

しかし、私はあまりの睡眠薬の効き目に怖さを覚えました。

 

 

「これ絶対に、飲み続けると中毒性があるな・・・」

 

 

私はうつの知り合いに、睡眠薬などは飲み続けると、だんだん効果がなくなってくる。中毒性があるとうことを聞かされていました。

 

 

「なんか、ないのかな、こう自然の生薬みたいなもので睡眠を増幅してくれるものは。」

 

 

そう思いネットを検索していました。

 

 

北の大地の夢しずくを購入してみる

北の大地の夢しずく

 

北の大地の夢しずくは「アスパラガス」から抽出された「休息成分」を体に与えることで

 

 

疲れの取れる睡眠を促すといったサプリでした。

 

 

「これ飲んでみるか。」

 

 

内容に説得力がありましたし、ネットの口コミも効かないといった口コミもありあすが、
割といいほうの口コミが多かったので購入の決断に至りました。

 

 

→参照 北の大地の夢しずくの口コミはどう?飲んでる人の感想

 

 

一週間くらいは変化がなかった

 

 

北の大地の夢しずくを飲みはじめて、一週間が経ちました。

 

 

若干寝つきがよくなった??くらいはあったのですが、特に眠りの深さとか、疲れの取れ具合は一週間目はあまり変化がありませんでした。

 

 

「北の大地の夢しずくって効かないのかな?」

 

 

ちょっと微妙な状態でしたね。今考えると睡眠薬と比較していたのかもしれません。

 

 

だんだんと効果が出てくる

 

 

1週間を経過して、普段通りの生活をしていたのですが、だんだんと朝の疲れが少なくなってきました。

 

 

「あれ?なんか眠りが深くなってる??」

 

 

眠る犬

 

 

じわじわと効いてくるんですよね。サプリ系のものは。薬ではないのですから。

 

 

効果といっても、目に見えてぐっすり眠れているというわけではないのですが、以前と比較すると眠りの深さと疲れの取れ具合がよくなっています。

 

 

ちょっとずつですね。でも確実に不眠体質が緩和されています。

 

 

北の大地の夢しずくは眠りを補助するもの

 

 

私が実感したのは北の大地の夢しずくは、薬ではなくて「自然の休息成分が入っているサプリ」といった感じです。

 

 

薬のように即効性はありませんが、体に休息成分がしみ込んでいくような感覚で徐々に体質が変わっていくイメージです。

 

 

ちょっと言葉では表現しにくいのですが、体の中からストレス要因を緩和していくような感覚ですね。

 

 

普段仕事でストレスを感じて、眠りが浅くなったり、疲れが取れにくい私にはとてもタイミングのいいものであるということです。

 

 

睡眠薬に頼りたくない私にとっては助け船になったので、感謝しております。

 

 

 

快眠を得るためのサプリ「北の大地の夢しずく」